1016()は通常どおり開講します。

 

先日、OB会があって、思い出話に花が咲きました。皆、記憶力が落ちたと言いながら、昔のことはよく覚えているんですよねぇ。特に、忘れてほしいことに限って、よく覚えていて、忘却のかなたの恥ずかしい話を、いっぱいされちゃいました。こちらとしては、うそぉ~という感じ。

記憶が、無くなったり、誇張されたり、美化されたりと変化するのは、人間ならではのこと。コンピュータは、大量のデータを、正確に蓄積する記憶の天才で、とても太刀打ちはできません。

でも、いやなことや苦しいことも、忘れるから、やっていけるんですよね。はたから見れば、すごく苦労した人や順風満帆の人など、人生経験や年代がちがっても、思い出は、楽しいのが6割、中間が3割、辛いのが1割というデータもあり、人は、経験を、心の中で自然に整理して、生きているようです。パソコンも、この辺は見習って、ちょっとした操作ミスは忘れて、もう少し、柔軟に対応してほしいと思うのは、私だけ?